• [ 商品コード ] oxid002
  • 4560149800962
  • 酸化ストレス度+抗酸化力検査 【小型遠心分離機『セパロン』をお持ちの方用】
酸化ストレス+抗酸化力検査 -セパロンお持ちの方用-

▼画像をクリックすると拡大します。

こちらの商品は小型遠心分離機『セパロン』をお持ちの方用の商品ページです。
小型遠心分離機を単品でご購入された方、小型遠心分離機『セパロン』付きの検査キットをご購入された方で、現在小型遠心分離機『セパロン』をお持ちの場合は、新しい電池(単三電池2本)に交換していただければ何度でもご利用になれます。
小型遠心分離機『セパロン』をお持ちでない方は、本ページではなく、酸化ストレス+抗酸化力検査【小型遠心分離機『セパロン』をお持ちでない方用】のページよりご購入ください。 「酸化ストレス+抗酸化力検査【小型遠心分離機『セパロン』をお持ちでない方用】」をご利用下さい。

酸化ストレス度・抗酸化力を測りませんか?

フリーラジカル・活性酸素の研究は、医学・生化学の分野では最先端の研究の一つです。
フリーラジカル・活性酸素によって、人間の体の細胞や分子がどれくらい傷ついているか、また過剰なフリーラジカル・活性酸素を消去する力をどれくらい持っているのか(抗酸化力)を短時間で検査することができます。

『活性酸素』や『フリーラジカル』って何?

酸化ストレスとは、生体内で発生する活性酸素種の産生と消去のバランスが崩れ、生体の酸化還元環境が酸化状態に傾く状態です。
すなわち活性酸素が過剰になる状態です。
活性酸素・フリーラジカルの発生は、生命維持活動の中で避けられないものです。
安定した生活下で成人は、1日最低500Lの酸素を消費しています。 この肺から取り込まれた酸素は、赤血球中のヘモグロビンにより全身の細胞に運ばれます。細胞のミトコンドリアでは、酸素は糖質から電子を奪い、スーパーオキシド(活性酸素)、過酸化水素(活性酸素)に変化し、ヒドロラジカル(活性酸素)を経て水になります。
すなわち酸素は何度か活性酸素・フリーラジカルに変わるのです。
この反応系は「ミトコンドリア伝達系」と呼ばれ、食事で摂取した糖質がこれによってアデノシン三リン酸(ATP)というエネルギー物質に変わるのです。
人が「呼吸をし、食べ物からエネルギーを得て生きて行く」という生命維持活動をする以上、活性酸素の発生は避けられないのです。

活性酸素が過剰に作られる原因とは?

ストレス、不規則な生活、タバコ、アルコール、紫外線や排気ガスなどの大気汚染、食品添加物、細菌やウイルス感染した時、避妊薬、ホルモン治療などの薬品摂取、抗がん剤などの化学物質が入った時などが考えられます。


活性酸素が過剰に作られると
老化、皮膚の変性(しわ・シミなど)、発がん、動脈硬化、高血圧、気管支喘息、心筋梗塞、虚血性不整脈、糖尿病、糖尿病性網膜症、白内障、アレルギー、パーキンソン病、アルツハイマー型痴呆、筋萎縮性側策硬化症、膠原病、リウマチ性疾患、急性胃粘膜障害、胃潰瘍、大腸炎、膵炎、脂肪肝、腎不全、尿毒症、免疫不全などが考えられます。

酸化ストレス度と抗酸化力の両方を測定することの意義

抗酸化力の測定は、無秩序に抗酸化物質を摂取することを防ぎます。
過剰な抗酸化物質の摂取が逆に酸化促進を起こすといわれているからです。
両方を測定することは抗酸化バリアの状態をより正確に知ることができる第一歩なのです。
即ち、酸化ストレス度の低い人が必ずしも抗酸化力が高いとは限りませんし、酸化ストレス度が高い人が、抗酸化力が低いとも限りません。
大切なのは、生体のマイナス面(酸化度)とプラス面(酸化防止力)の両方を測定することで『より正確な体の状態を把握する』ことなのです。


【酸化ストレス度】

d-ROMs(Reactive Oxygen Metabolites)
酸化ストレスは、「生体の酸化反応と抗酸化反応のバランスが崩れ、酸化状態に傾き、生体が酸化的障害を起こすこと」といわれています。
具体的には、紫外線、喫煙、不規則な生活習慣などにより、活性酸素やフリーラジカルが過剰に発生し、酸化反応と抗酸化反応のバランスが崩れ、酸化状態に傾くことで、様々な病気の原因となると考えられています。
d-ROMテストは、生体内の活性酸素やフリーラジカルを直接計測するのではなく、酸化によって体内生じた代謝物のヒドロペルオキシドという物質を測定し生体内の酸化ストレス度の状態を調べる検査です。

活性酸素

とても反応性の高い酸素分子のことで、体内で脂質と結合して有害な過酸化脂質を作ることに関与しています。

フリーラジカル

通常はペアを組んでいる電子が不対になって反応性が高く不安定な原子・分子団。 体内では有害な作用をもたらします。

酸化ストレス度測定(d-ROMsテスト)
血液中における、活性酸素・フリーラジカルによる代謝物(ヒドロペルオキシド)を分析測定し、数値化したもの
正常 200〜300
ボーダーライン 301〜320
軽度の酸化ストレス 321〜340
中程度の酸化ストレス 341〜400
強度の酸化ストレス 401〜500
かなり強度の酸化ストレス 501以上
※単位=U.CARR

【抗酸化力】

BAP(Biological Anti-oxident Potential)
生体の血漿中には、活性酸素・フリーラジカルに対抗する抗酸化物質が多数存在します。生体内の内因性抗酸化物質は、アルブミン、トランスフェリン、セルロプラスミン、ビリルビン、尿酸、還元型グルタチオンなどが代表的です。 一方、主に食物として摂取するものを外因性抗酸化物質といい、アスタキサンチンをはじめ、トコフェロール、カロテン、ユビキノン、アスコルビン酸、メチオニン、フラボノイド、ポリフェノールなどがあります。
抗酸化力BAPTestは、生体中の抗酸化物質が活性酸素・フリーラジカルをどのくらい打ち消す力があるかをみるもので生体の還元能力(酸化に対する力)を計測し、数値化したものです。

抗酸化測定(BAPテスト)
過剰な活性酸素・フリーラジカルをどれくらい打ち消す力があるかをみるもので、血液中の還元力(酸化に対抗する力)を分析測定し、数値化したもの
2200以上 最適
2000〜2200 ボーダーライン
1800〜2000 抗酸化力がやや不足
1600〜1800 抗酸化力が不足
1400〜1600 抗酸化力がかなり不足
1400以下 抗酸化が大幅に不足
※単位=?mol/L





検査は【登録衛生検査所】にて行います。

お客様に採取して頂いた検体は、登録衛生検査所にて検査を致します。
登録衛生検査所とは、臨床検査に関する法律で定められた施設基準や検査体制を満たし、各都道府県知事に登録を認められた検査施設です。
病院や診療所等の医療機関から外部に委託される検体検査を行っています。
検査を行うのは、臨床検査技師といい、国家資格を持った検査のエキスパート。
検査という専門分野での経験と知識と技能を公に認められた人たちです。

【商品発送後の返品・交換について】

商品の特性上、配送中の破損、商品の瑕疵、品違い、その他
当社が認める場合を除き、返品・交換は一切お受けできません。
FAST PIC






【会員登録された方は必ずお読みください!!】




※ドメイン指定受信・本文にURLがあるメールの受信拒否などの制限されている方は、
 当社からのメールを受信できない場合がございます。
当社ドメイン @healthwave.co.jp を指定受信の設定を必ず行ってからご登録ください。
  • [ 商品コード ] oxid002
  • 価格12,960円(税込)
  • 販売中
  • この商品を友達にすすめる
  • この商品について問い合わせる
  • お気に入りに追加
  • 返品の条件につきまして
戻る
QRコードで簡単アクセス♪
スマホの方はこちら
↓↓↓


モバイルの方はこちら
↓↓↓
あなたの携帯電話にショップのURLを送信できます。
営業カレンダー
12月の営業日
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
1月の営業日
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
受付時間:9:30~18:00
(土日祝日・当店定休日除く)